俺は女子じゃねぇ!ブログ写真がこっそり撮れるマナーカメラアプリと裏ワザ!

とある日のカフェでの出来事。

美味しそうな料理だったので、いつものようにブログ用写メを撮ってました。

すると、隣の席にいた女子二人組がこちらを見ながらヒソヒソ話をしています。

なに言ってんだろう…?

聞き耳を立てていると、はっきりと聞こえてきました。

女子かよ!

傷ついたわー。

凹むわー。

男子が料理を写メってるのって、そんなに変ですか?

確かに地方では、男子で写メる人ってあまり見ないけどさ。

地味に傷つくんですけど…

iPhoneでカシャカシャと大きな音を立ててたから目立つのかな?

これからは、もっとこっそり撮ろうと心に決めた一日でした。

てなわけで、ブログ写真をこっそり撮れる方法をあれこれ考えてみました。

スポンサーリンク

ブログ写真を高画質でこっそり撮る方法!

人がたくさんいるところで写メるのって、けっこう勇気がいったりしますよね?

一眼レフやミラーレスカメラなら綺麗な写真が撮れるのでしょうけど、なかなか勇気が出ない。

やっぱり、iPhoneなどのスマホでサクッと撮るのが一番敷居が低いと思われます。

画質のことも考えると、iPhoneオリジナルのカメラが一番キレイに撮れるような気がします。

しかし、あの「カシャカシャ」という大きなシャッター音が邪魔すぎる!!!

マナーモードにしようが音量を下げようが、関係なく大きなシャッター音が鳴り響きます。

そこで、iPhoneでシャッター音を出さずに写メる方法を考えてみました。

マナーカメラアプリでこっそり!

マナーカメラ・無音カメラ・微音カメラ

あらゆるアプリを有料無料構わずにインストールして試してみました。

その中で、使いやすさと画質で使えると思えたのはたった一つ。

 カテゴリ: 写真/ビデオ
 現在の価格: 無料

このアプリの特徴は、高画質な点と画面の明るさを調整できること!

周りが薄暗い状況でも、iPhoneの画面の明かりが目立たないので、こっそり写メることができます。

画質は、iPhoneオリジナルのカメラにちょっと劣るくらい。

数あるマナーカメラアプリの中でも、ダントツの人気があるようです。

簡単な裏ワザでこっそり!

やっぱりカメラは、iPhoneオリジナルを使いたい。

無音とはいかないけど、微音に近い状態にできました。

スピーカーを指で押さえてしまえ戦法!

iPhone 6

裏ワザとか怒られそう^^;

でも、これでけっこうシャッター音が軽減されるんですよね。

騙されたと思って試してみてください。

動画モードでこっそり!

実はこれが一番使えるんじゃないかと思っています。

動画モードは、開始時に「ピロ」って小さな音が出るのみ。

いろんな角度から動画を撮っておいて、後はブログにアップしたい場面を選ぶだけ!

動画を再生しながら、お気に入りのところでスクリーンショットを撮る方法です。

いろんな構図で撮っておいて、後からじっくり選べる利点があります。

しかしながら、画質はカメラより劣ります。

でもよく考えたらブログにアップする写真て、普通にリサイズしますよね?

リサイズすれば、どっちみち画質は落ちます。

そう考えると、スクリーンショットでもいいんじゃないかと思うわけです。

もちろん、ブログの内容にもよりますけどね。

※追記

動画撮影中に、静止画が撮れるボタンがあることを知りました。

iPhone 6 movie1

シャッター音もなりません。

しかし、画質は落ちるようです。

これなら、動画を後でスクショしたほうがいいような気も…

マナーカメラアプリや裏技の写メを比べてみよう!

昨日の夜に、自宅でそこらにあったランチョンマットを撮ってみました。

あとで汚れていたことに気づいてしまいましたが…

気にしないでね^^;

あと、そのままのサイズだとflickrへのアップロードが異常に遅いので、なるべく均等にリサイズして容量を落としています。

iPhoneオリジナルカメラの画像

iPhone 6 Stagecam

僕にしかわからないのですが、実物にかなり忠実に再現されています。

アプリStageCameraHDの画像

iPhone 6 Stagecam

この画像では、オリジナルとほとんど変わりませんでした。

他の画像で比べると、オリジナルより若干劣って見えました。

動画のスクリーンショットの画像

iPhone 6 movie

画質はかなり落ちてますね。

しかし、これは僕の腕と設定ミスによるところが大きいような気がします。

いろんなエフェクトをかけることでも、かなり綺麗な画像に仕上がるのではないでしょうか。

お店などや公共の場所で写メる時は、素早くささっと済ませたいですよね。

こっそり撮ることができれば、写メる機会も増えてくると思います。

僕は今まで、恥ずかしさで良い写真を撮る機会をいっぱい逃してきました。

後悔しても、二度と同じ場面の写真を撮ることはできないんですよね。

これからも、こっそり素早く綺麗な写真を撮る方法を突き詰めていきたいと思いますが、人に何を思われてもめげない強い心も僕には必要なようです^^;

update今日のアップデート

  • ブログ写真なら、動画のスクショが意外に使える。
  • スピーカーを塞ぐだけで、微音カメラになる。